Information治療と費用

多汗症・腋臭症(わきが)


多汗症

多汗症とは、熱や運動に関連してかく生理的なものと精神的なもの、脇や手のひらなど限定された部位だけに汗をかく場合と全身に汗をかく場合があります。大量に汗をかくため、日常生活に支障が出たり、精神的な負担になることもあります。特に原因の無いものや内分泌代謝異常(甲状腺機能亢進症など)や神経疾患に合併するものもあります。

多汗症の治療法

  • 塩化アルミニウム外用
  • ボトックス注入

重度腋窩多汗症

多汗症も、以下の診断基準を満たせば「重度の原発性腋窩多汗症」という病名がついて、保険適応でボトックス注射が受けられます。

診断基準

原因不明な過剰な局所性発汗が6ヵ月以上持続していることに加え、以下の6項目中2項目以上を満たせば原発性局所多汗症の診断となります。

  • 両側性かつ左右対称性に発汗がみられる
  • 多汗によって日常生活に支障が生じている
  • 週1回以上の頻度で多汗エピソードがみられる
  • 25歳未満で発症した
  • 家族歴がある
  • 睡眠時は局所性の発汗がみられない

上記の原発性局所多汗症の診断基準を満たし、かつ、以下の腋窩多汗症の重症度判定で3および4は重症多汗症と判定されます。

Hyperhidrosis Disease Severity Scale(HDSS)

  1. 発汗は全く気にならず、日常生活に全く支障がない
  2. 発汗は我慢できるが、日常生活に時々支障がある
  3. 発汗はほとんど我慢できず、日常生活に頻繁に支障がある
  4. 発汗は我慢できず、日常生活に常に支障がある

重度腋窩多汗症の治療法

塩化アルミニウムの外用

塩化アルミニウムが汗腺内の水分と反応し水酸化アルミニウムに変化します。水酸化アルミニウムが皮膚のケラチンと反応して角栓を作り、汗がでる孔にふたをします。

ボトックス注射

多汗症ではエクリン汗腺という汗の出る汗腺が機能亢進しています。エクリン汗腺はアセチルコリンを神経伝達物質とする交感神経節後ニューロンに支配されています。ボツリヌス注射に使用するA型ボツリヌス毒素製剤は、神経終末におけるアセチルコリンの放出を阻害し、神経から汗腺への情報伝達を遮断することで発汗を抑制します。

効果は2-3日で出始め、持続期間は個人差がありますが通常4~9ヵ月とデータが出ています。

片腋窩でボトックス50単位、両腋窩で合計100単位使用します。

治療の流れ
  1. 前日に剃毛していただきます
  2. 注射する部位を片側10~15か所、マーキング
  3. ボトックスを細い針で皮内注射
  4. クーリング

施術時間は10分程です。
注射当日の運動制限はなく、入浴も可能です。
治療後1-2週後に受診していただき、効果と副作用を確認します。
効果減弱後は再投与を行いますが、ボトックスに対する中和抗体ができると効果が減弱、あるいは消失するため、4カ月以上間隔をあけて再投与を行います。

多汗症 治療費用

ボトックス注入 自費診療 80,000円
健康保険 約25,000円(3割負担)
初診料 自費診療 3,000円
健康保険 850円(3割負担)
再診料 自費診療 1,000円
健康保険 370円(3割負担)

腋臭症(わきが)

脱毛でにおいが軽減することがありますので、当院では、まずは脇の脱毛をお勧めしています。
(※現在、神戸山手クリニックでは腋臭症の手術は行なっておりません。)

脱毛について詳しく知る

初診・ご予約について

初診・診察につきましては下記の予約システム、または電話にて予約してください。