Information治療と費用

多汗症・腋臭症(わきが)


多汗症

多汗症とは、熱や運動に関連してかく生理的なものと精神的なもの、脇や手のひらなど限定された部位だけに汗をかく場合と全身に汗をかく場合があります。大量に汗をかくため、日常生活に支障が出たり、精神的な負担になることもあります。特に原因の無いものや内分泌代謝異常(甲状腺機能亢進症など)や神経疾患に合併するものもあります。

多汗症の治療法

  • 塩化アルミニウム外用
  • ボトックス注入

重度腋窩多汗症

多汗症も、以下の診断基準を満たせば「重度の原発性腋窩多汗症」という病名がついて、保険適応でボトックス注射が受けられます。

診断基準

原因不明な過剰な局所性発汗が6ヵ月以上持続していることに加え、以下の6項目中2項目以上を満たせば原発性局所多汗症の診断となります。

  • 両側性かつ左右対称性に発汗がみられる
  • 多汗によって日常生活に支障が生じている
  • 週1回以上の頻度で多汗エピソードがみられる
  • 25歳未満で発症した
  • 家族歴がある
  • 睡眠時は局所性の発汗がみられない

上記の原発性局所多汗症の診断基準を満たし、かつ、以下の腋窩多汗症の重症度判定で3および4は重症多汗症と判定されます。

Hyperhidrosis Disease Severity Scale(HDSS)

  1. 発汗は全く気にならず、日常生活に全く支障がない
  2. 発汗は我慢できるが、日常生活に時々支障がある
  3. 発汗はほとんど我慢できず、日常生活に頻繁に支障がある
  4. 発汗は我慢できず、日常生活に常に支障がある

重度腋窩多汗症の治療法

塩化アルミニウムの外用

塩化アルミニウムが汗腺内の水分と反応し水酸化アルミニウムに変化します。水酸化アルミニウムが皮膚のケラチンと反応して角栓を作り、汗がでる孔にふたをします。

ボトックス注射

多汗症ではエクリン汗腺という汗の出る汗腺が機能亢進しています。エクリン汗腺はアセチルコリンを神経伝達物質とする交感神経節後ニューロンに支配されています。ボツリヌス注射に使用するA型ボツリヌス毒素製剤は、神経終末におけるアセチルコリンの放出を阻害し、神経から汗腺への情報伝達を遮断することで発汗を抑制します。

効果は2-3日で出始め、持続期間は個人差がありますが通常4~9ヵ月とデータが出ています。

片腋窩でボトックス50単位、両腋窩で合計100単位使用します。

治療の流れ
  1. 前日に剃毛していただきます
  2. 注射する部位を片側10~15か所、マーキング
  3. ボトックスを細い針で皮内注射
  4. クーリング

施術時間は10分程です。
注射当日の運動制限はなく、入浴も可能です。
治療後1-2週後に受診していただき、効果と副作用を確認します。
効果減弱後は再投与を行いますが、ボトックスに対する中和抗体ができると効果が減弱、あるいは消失するため、4カ月以上間隔をあけて再投与を行います。

多汗症 治療費用

ボトックス注入 自費診療 80,000円
健康保険 約30,000円(3割負担)
初診料 自費診療 3,000円
健康保険 850円(3割負担)
再診料 自費診療 1,000円
健康保険 370円(3割負担)

わきが ~1週間で治るわきが治療~

神戸山手クリニックのわきが手術とその後の経過

アポクリン腺と毛根部がキレイに処理されると簡単に毛が抜けるため、手術時の効果判定のために腋毛は5mm程残して来院していただきます。手術はTPSシェーバー法で行い、再発をなくすために減毛率90%以上を目標に1時間以上かけて行います。

皮弁の固定は3層に行いますが直後の腕の動きは事務仕事程度なら可能で比較的楽です。また、その日から胸より下のシャワーが使えます。

3日目にご来院いただき2層の固定を取り除きます。これによって腕の動きが自由になります。
7日目にご来院いただき抜糸を行いますがその日から入浴が可能になります。多汗症とは、熱や運動に関連してかく生理的なものと精神的なもの、脇や手のひらなど限定された部位だけに汗をかく場合と全身に汗をかく場合があります。大量に汗をかくため、日常生活に支障が出たり、精神的な負担になることもあります。特に原因の無いものや内分泌代謝異常(甲状腺機能亢進症など)や神経疾患に合併するものもあります。

  • 症例写真

    BEFORE

    手術前

    AFTER

    手術後7日目(抜糸後)

手術の注意事項及び副作用

皮下出血・腫脹・炎症を起こしたり、皮弁が生着しない可能性もあります。

最近はほぼ全例TPSシェーバー法で手術を行っていますがこの方法により再発がなく、傷あとも目立たず、術後も楽に仕上げることができるようになりました。わきがでお悩みの方には本当に優れた治療法です。

わきが手術で行う二つの操作

わきがの手術は主に二つの操作から成り立っています。
すなわち毛根やアポクリン腺を除去する手術とその後の植皮の手術に別れます。毛根やアポクリン腺を除去してそのまま放置すると皮弁は一晩で壊死してしまいます。そのため皮弁が皮下組織に生着するように植皮術のテクニックが要求されます。
一般的な植皮の場合、成功したかどうかの確認は通常2週間程後に行われますが、わきが手術では凹んでいて、しかも良く動かす関節にもかかわらず植皮を1週間ほどで成功させるというところに難しさがあります。
両腋を麻酔して再発させないように丁寧にアポクリン腺を除去し皮弁固定までするとなると、TPSシェーバー法であっても30~40分程でできるものではなく、当院ではやはり1時間以上かけて手術を行っています。

思春期には、アポクリン汗腺の機能が活発になり、その分泌物が細菌感染を起こすとわきがとなります。本来、生理的で許容されるべきものですが臭いの程度が強く、周りから指摘される場合は治療を受けたほうが良いと考えます。
わきがの手術には健康保険の使える皮弁法がありよく行なわれます。この方法は効果が高くコストも妥当ですが、ご本人の協力が得られないと傷あとが目立つことになります。そこで、自由診療で手術が行われますが、いろいろ調べてみても治療内容が中々分からないのが現状のようです。
以下に主な治療法を説明しましたのでご参考になればと思います。

治療法

TPSシェーバー法

腋を皮膚切開(5mm)し、そこから高速回転式TPSシェーバーカニューラを挿入して、皮下のアポクリン腺や毛根を削りながら吸い出していきます。 減毛率が低いとわきがが再発するということなりますので高い効果をを得るために減毛率90%以上を目標に一時間以上かけて手術を行なっています。 傷あとも小さく目立たず、効果も高く経過も早いので、軽症~重症の全ての方に勧めています。 若い女性にとっては傷あとが目立たずにわきがを治すことが大切ですのでほぼ全例この方法で行なっています。

ボトックス注入

筋肉の動きをsleepさせるボトックスを注入し、汗の出を止める方法です。1シーズンのみの効果ですが、ダウンタイムがなく患者さんの負担が軽いので、よく行われる方法です。

稲葉法

当院では行ないません。
皮膚側を押えながら皮下組織をカミソリ刃で削除しながら吸引していく方法です。効果的ですが傷あとが目立つことがあります。

皮弁法

当院では行ないません。
剪除法ともよばれ、皮膚を3~4cm切開し、そこから皮下のアポクリン腺や毛根をハサミで切除していきます。効果はたかいのですが,腋をしっかりと固定する必要があるなど患者さんの協力が必要になります。協力が得られないと目立つ傷あとを残してしまいます。唯一、健康保険が使えますが剪除法の名称で自費診療として行われている場合があります。

吸引法

当院では行ないません。
腋を2ヶ所皮膚切開(7mm)し、そこから金属カニュレを挿入して、皮下のアポクリン腺や毛根を吸いだして行きます。傷あとも小さく経過も早いのですがよく再発します。

名称の混乱について

当クリニックではストライカー社の関節手術用のTPSシステムを使用しているためにTPSシェーバー法としましたが、いわゆるクワドラカット法や内視鏡手術法などと同じものです。クワドラカットの名称の由来はよくわかりませんが、名称の混乱が治療内容を解りにくくさせている一因になっているように思われます。

わきが手術後の傷あと

わきが手術後の傷あとは醜くあとを残してしまうと、若い女性にとってつらいものになってしまいます。わきがを治すとともに目立たない傷あとにすることがとても大切です。
(写真は他院で手術を受けたが瘢痕を残したため来院された方です。)

わきが治療費用(自費治療)

TPSシェーバー法 片側 (手術は片側ずつ行います。) 180,000円
初診料 自費診療 3,000円
再診料 自費診療 1,000円
処置料 自費診療 1,000円
術前検査料 自費診療 10,000円
薬代 自費診療 1,000~1,500円程度

初診・ご予約について

初診・診察につきましては下記の予約システム、または電話にて予約してください。