Information治療と費用

ピアス


当院のピアッシングはピアスガンを使用してピアスホールをつくります。ピアスガンを使用すると、一瞬で穴があきます。
ファーストピアスはアレルギー反応の心配が少ない純チタン、純チタン処理医療用ステンレスや医療用ステンレスを用いています。
ピアスホールの完成まで1ヶ月~1ヶ月半かかりますので、その間、ファーストピアスを装着したまま、消毒を毎日続けます。

ピアッシングの流れ

  1. マーキング(ご自分で好きな位置を決めていただきます。)
  2. 消毒、局所麻酔
  3. ピアスガンで穴あけ
  4. ファーストピアス装着

ピアッシング(ピアスの穴開け)後のケア

ピアスの穴開け後は皮膚から組織液が出てきますので、気になるようでしたら消毒薬でぬらした綿棒で拭き取ります。組織液が出るのは通常の症状で心配は要りません。(組織液の中には治り物質がたくさん含まれています。)傷が良くなるにしたがって組織液はだんだん出なくなります。処方された抗生剤は必ず服用し、赤みや熱感、腫れ、痛みなどの症状が出た場合は速やかに受診してください。

耳たぶの穴は1ヶ月ほどできれいなトンネルを作りますので、その後ファーストピアスを外し、お好きなピアスを装着してください。

施術後の注意点

ピアッシング後のトラブルには以下のようなものがあり、いずれも治療が必要になります。

細菌の感染による化膿

ピアスホールの周りに赤みや熱感、腫れ、痛みなどの症状が出ます。ただれたり腫れたりすると、ピアスのヘッドや留め金が皮膚の中に埋もれてしまう場合があります。

アレルギー性皮膚炎(金属アレルギー)

分泌物が止まらず、赤みや痒み・腫れなどが出てきた場合、金属アレルギー性皮膚炎が疑われます。

ケロイド

傷が治る過程で真皮のコラーゲンが増殖し、赤く盛り上がったケロイドになることがあります。

耳垂裂

ピアスホールが耳の縁に近い場合、重いピアスをしたり、ピアスが何かに引っかかったりすると、耳たぶが裂けることがあります。

治療費用

ピアス 両耳(ファーストピアス・消毒セット付) 5,000円(純チタン処理医療用ステンレス)
薬代(抗生剤・消炎鎮痛剤) 約800円(2日分)
診察料 無料

初診・ご予約について

初診・診察につきましては下記の予約システム、または電話にて予約してください。