About当院について

当院について

治療方針

2002年に開院してから、一般診療で満たされない方々のお悩みに取り組んでいく過程で、当院独自のニキビ治療法である「マイクロ排膿」、ウィルス性イボに対する外科的治療法や、敏感肌・アトピー肌などに対するしっとり肌・皮膚のリハビリテーションなどを開発してきました。治療方針としては効果のはっきりしない気休め的な治療ではない根治を目指した治療を心がけています。

ニキビ治療については、ほぼ根治する治療法を提供できるようになりました。ウィルス性イボに対する外科的治療や皮膚のリハビリテーションについては引き続き工夫を加えていきたいと考えています。ウィルス性イボは最終的にはワクチンの開発を期待しますが、難治な大きい病変や爪浸潤病変に対して外科的治療の有効性を実感しているところです。

また、当クリニックは健康な肌作りと肌の若返りを目標に皮膚の治療とスキンケアを行っています。健康な肌作りはしっとり肌トリートメントで皮膚バリアを補強し、皮膚のリハビリテーションで皮膚の炎症を抑え、そして、ポラリスで真皮に熱エネルギーを与えて、血流やリンパ流の微小循環を良くすることで皮膚のガス交換や代謝を亢進していきます。肌の若返りはビタミンの持つ抗酸化力に期待して肌を若返らせるというものです。

シミ、しわ、タルミなどの美容的なお悩みに対しても高い満足度の得られるような治療やトリートメントを提供して、「感動のあるクリニック」でありたいと思っています。

皮膚科

通常の健康保険での治療に加え、ニキビ・アトピー性皮膚炎・アレルギー性皮膚炎などに対して、独自の施術、マイクロ排膿(自費治療)・皮膚バリア修復トリートメント(メディカルエステ)で治療を行っています。

形成外科

皮膚腫瘍摘出術(ホクロ除去)や陥入爪・巻き爪の治療、眼瞼下垂手術などの健康保険治療に加え、イボの摘出に対して、レーザー照射・植皮術など独自の施術(自費治療)で治療を行っています。

美容皮膚科

皮膚バリアが整い、血色が良くハリのある健康的な肌を再生するために、ビタミンを使ったアンチエイジング、フォトRF・ポラリス・フラクセルなどの美容医療機器を駆使した治療とメディカルエステやホームケアの併用をご提案しています。

当院の治療メソッド

マイクロ排膿

ニキビのコメドや膿を1つ1つ除去していく、開院当時の2002年から続いてきた当クリニック独自の技術です。2017年末までに4500人の方にニキビの治療として受けていただき、治療実績を上げています。

ウィルス性イボ(尋常性疣贅)のレーザー治療

ウィルス性イボの治療は健康保険では液体窒素での凍結治療が一般的な治療ですが、深いものや広範囲の酷いものは難治性になることもあり、またウィルスは熱に弱いことから、当院ではレーザーによる治療(ウィルスは熱に弱いことから)をお勧めしています。必要があれば植皮術も併せて行います。

皮膚のリハビリ(炎症性の皮膚炎に対する皮膚バリア修復トリートメント)

表皮の角質層は皮膚のバリア機能を担っている部分ですが、擦ったり掻いたりすることでバリアが壊れて、アレルゲン・細菌や刺激物が入りやすくなり、余計に炎症が起こって治りにくい状態になります。皮膚のリハビリ「しっとり肌コース」はこのような炎症が治まらない皮膚炎の方のために作った当院オリジナルのメディカルエステで、ミネラルたっぷりの温泉水、保水力のあるセラミド美容液、保湿に優れたヒアルロン酸等をたっぷり使用したトリートメントです。

  • 当院の診察室

  • 当院の受付