Information治療と費用

ニキビ・ニキビあと

ニキビの正式な病名は「尋常性痤瘡(じんじょうせいざそう: Acne vulgaris)」と言い、皮膚常在菌で嫌気性菌(無酸素の中で生きる菌)のアクネ菌が原因で、毛穴の中で炎症が起こる皮膚疾患です。


神戸山手クリニックのニキビ治療

初診時にどんなニキビも治ることをお約束します。当院のニキビ治療は毛穴の中の膿やコメドを排膿・摘出・圧出して完全に内容物を排出します。このマイクロ排膿はニキビの根治療法ですから薬を使用しなくても厚化粧してもニキビは完治します。マイクロ排膿とビタミンCイオン導入、ビタミントリートメント、フォトRFなどを併用するとひどいにきびの方でも透明感のある明るい肌になります。

  • 症例写真1

    BEFORE

    10年間、他院で内服薬、塗り薬で治療を続けて悪化。
    抗生剤耐性菌によるカンジダ性膣炎も併発して来院。

    AFTER

    ビタミンCイオン導入、トレチノインを併用したが抗生剤などは一切使用せず、4年3ケ月現在再発は見られない。

何年もニキビで悩んでいる方、クリニックを何ケ所かえても治らない方、長期間抗生物質を使用している方、結婚式を控えてお悩みの方、短期間でニキビを治したい方はご相談下さい。このマイクロ排膿は背中ニキビやデコルテのニキビにも有効です。

ニキビの治療法

マイクロ排膿

当院オリジナルのニキビ治療ですが、確実にニキビ排膿やコメドを摘出して治してしまうニキビの根治療法です。白ニキビや黒ニキビは2~5日後にきれいになり、赤ニキビは1~2週間ほどで治ります。

マイクロ排膿の副作用

マイクロ排膿は痛みがあり処置後、小出血、発赤、腫脹、まれに小膿疱が多発することがあります、数日で自然消失します。

少し痛みがあるため希望者には塗る麻酔をご用意しています。

面皰圧出と違いがあるのか問われる方がありますが、マイクロ排膿は初診時にニキビが治る事をお約束し肌の仕上がりも何倍にも綺麗にしますのでいわゆる面皰圧出とは違います。

この治療は毛穴の中の汚れが全て取り除かれるため、透明感のある明るい肌になります。

小林メソッドや高周波針による処置を受けられた方の治療はお断りすることがあります。

マイクロ排膿 治療費用

1~3ケ 3,000円
4~9ケ 6,000円
10ケ~ 10,000円
塗る麻酔(ジェル) 2,500円
強力麻酔 4,000円
初診料 3,000円 (当日施術をされた場合は1,500円)
再診料 1,000円 (当日施術をされた場合は600円)

他の疾患がある場合、診察料には健康保険が利く場合があります。

ニキビの患者さんは一般に思われている以上に深く悩んでおられます。診察室でお聞きしたその内容は、「視線恐怖症や身体醜形恐怖症で心療内科を受診した。」「不登校になった。」「自殺を考えた。」など、その人の人生を変えるほど深刻な驚くべきものでした。
診療側もより真剣に対応する必要があると痛感しています。

  • 症例写真2

    BEFORE

    7年間、複数の医療機関と美容クリニックで内服薬と塗り薬、ピーリング、フォト、フラクセルなどで治療を受けた。

    AFTER

    マイクロ排膿などで加療。ビタミンCイオン導入、トレチノイン、 フォト、フラクセルなどで治療を受けて10ケ月。

心の痛みと体の痛み

マイクロ排膿にはデメリットとして外科的治療につきものの痛みがあります。 それでもひどいニキビで来院された患者さんは痛みを理由に治療を中止するということはまずありません。それほど精神的に悩んでいるということですが、心の悩みを痛みに置き換えてみると心の痛み(精神的苦痛)の方が体の痛みよりもより深刻であるということも言えると思います。ただ、痛いということは誰にとっても良いことではありませんので、ひき続き、痛みのない治療を工夫していきたいと考えています。

医療機関のホームページの規制について

2018年6月から医療機関のホームページの規制が強化され、患者様の声を掲載できなくなりました。これまでとても貴重な情報を提供してきただけに残念に思います。ご協力いただいた皆様には感謝を申し上げ、少し私の思うことを述べたいと思います。

日本ではニキビは青春のシンボルとされ、クリニックを受診してもそのうちに治るから心配しなくていいよと慰められ、飲み薬や塗り薬を処方されることが多いようですが、女性の社会進出が普通になった現在は大人ニキビが主流を占めていて安易に処理できない状況にあると思います。日本のニキビ人口は約700万人とされていますがそれは18歳までの思春期ニキビの話で、アメリカを参考にしますと実は日本のニキビ人口は約1900万人もいて1200万人の大人ニキビ患者がいることになります。

一方、欧米においてはニキビに対してもう少し深刻にとらえられ積極的に対応されています。ニキビ患者の中には、不安、社会的孤立、自尊心の喪失、うつ病、自殺思考など精神的苦痛で苦しんでいる人がいてその数も決して少なくない事が 指摘されています。そして皮膚科だけではなく精神科も密にかかわって対応しているようです。体表部を扱う皮膚科と奥深い心を扱う精神科は一見遠くにありますが実は近くて強い関係性があるのです。

私もニキビを治療する中で深刻に苦しんでいる人達がいることに気づきましたのでクリニックのホームページで患者様の声として長年紹介してきました。患者さんは心の苦しみを書くことによって精神的に楽になったり、治療中の方はそれを読んで共感し慰められ励まされたりします。また、私にとっても患者さんの心の苦しみに触れることができて、とても勉強になり診療や治療にいかすことができました。

そのように苦しんでいる方々がマイクロ排膿によってニキビが治り明るい肌になると、それまで、不安、社会的孤立、自尊心の喪失、うつ病、自殺思考など奥深い心に淀んでいた苦しみがいっさい消失してしまいます。その結果、外見だけでなく内面から明るくなり、日々のQOLが増進し、心の病が完治して、人生が変わっていきます。仮に、これらの方々が精神科で向精神薬や精神療法などで軽快したとしても、皮膚の汚れが残ったままではこれほどの効果が出ることはないと思います。このことは皮膚科だけではなく心理学者や精神科医にとっても精神と体表の関係性を確かめることができる貴重な事例であり学問的にもとても重要なものであると考えます。

ホームページに患者様の声を載せることができなくなりとても残念に思います。(2018年5月28日、院長)

  • 症例写真3

    BEFORE

    初診時

    AFTER

    マイクロ排膿などで加療。ビタミンCイオン導入、トレチノイン、フォトRFを併用。抗生剤使用なし。

  • 症例写真4

    BEFORE

    初診時

    AFTER

    マイクロ排膿などで加療。ビタミンCイオン導入、トレチノイン、フォトRFを併用。抗生剤使用あり。

  • 症例写真5

    BEFORE

    初診時

    AFTER

    マイクロ排膿などで加療。ビタミンCイオン導入、トレチノインを併用。抗生剤使用なし。

  • 症例写真6

    BEFORE

    初診時

    AFTER

    マイクロ排膿などで加療。ビタミンCイオン導入、トレチノインを併用。抗生剤使用なし。

  • 症例写真7

    BEFORE

    初診時

    AFTER

    マイクロ排膿などで加療。ビタミンCイオン導入、トレチノイン、フォトRFを併用。抗生剤使用あり。

  • 症例写真8

    BEFORE

    初診時

    AFTER

    マイクロ排膿などで加療。ビタミンCイオン導入、トレチノイン、フォトRFを併用。抗生剤使用あり。

背中のニキビコース

背中のニキビは自分には見えないために、つい爪で引っかいてしまい、たまたま気づいた時はそのひどい状態に愕然とし、あわててクリニックに来院される方がよくいらっしゃいます。

背中は皮膚のターンオーバーがとてもゆっくりな上にご自身でのケアが困難で、また、仰向けに寝た時に機械的刺激をうけるため治療効果が出にくくて困っておられる方が多いのではないでしょうか。

当院では、ご自身でお手入れができない背中のニキビを全てクリニックで施術するコースを設けました。
マイクロ排膿×3回、ケミカルピーリング×2回、レーザー脱毛×2回、ビタミントリートメント×3回、超音波ビタミン導入×4回の内容で150,000円(定価180,000円)で提供しています。

皮膚のターンオーバーを速め、色素沈着をとるために医療とメディカルエステを駆使し、脱毛も併せて行いますので、とてもお得なコースです。少し時間はかかりますが、確実に効果が出てきますのでお困りの方は是非お試しください。

  • 症例写真9

    BEFORE

    左肩から背中のニキビ、初診時

    AFTER

    マイクロ排膿などで加療。抗生剤使用なし、ビタミントリートメント併用。

  • 症例写真10

    BEFORE

    初診時

    AFTER

    マイクロ排膿などで加療。ビタミントリートメント併用。

ローズビタミントリートメント(イオン導入)

炎症性の赤ニキビや炎症後色素沈着によるクスミに効果的です。特にマイクロ排膿直後の赤みに対して優れた効果があります。ビタミンA(ターンオーバー正常化)・B5(皮膚の治りを早める)・C(炎症後色素沈着を改善し、コラーゲンを生成する)・E(抗酸化)の入ったジェルとローズウォーター、ローズのエッセンシャルオイル(女性ホルモンを整える)を使用します。

ビタミントリートメント 費用

ローズビタミントリートメント 6,000円
マイクロ排膿後 5,500円

フォトRF

ニキビは必ず毛穴にできますが、フォトRFは毛穴にエネルギーを集中することで毛を脱毛し、同時にアクネ菌・雑菌を殺菌して毛穴環境を良くします。また皮脂腺にダメージを与えて皮脂の分泌を抑制して新しいにきびを予防し、脂性肌を改善します。さらに、毛穴を引き締めたり、数回の脱毛で肌がスベスベしたり、化粧のりが良くなったり、シミ・くすみがとれて色が白くなったりなどの美肌効果も高いためとても人気があります。

当院では高い効果を出すためと痛みを軽減するため、塗る麻酔をした後でパワーをUPし、ショット数も多くしてモードも変えて照射し、ニキビの治療として行っています。施術後は炎症後色素沈着を防ぐため、直射の紫外線を浴びないように注意が必要です。

フォトRFについて詳しく知る

  • 症例写真11

    BEFORE

    症例写真11 BEFORE 写真

    施術前

    AFTER

    1回目施術2週間後

フォトRF 施術費用

フォトRF(初回ローズビタミントリートメント付) 30,000円
フォトRF 5回目以降 25,000円
麻酔ジェル塗布 2,500円
初診料 3,000円 (当日施術をされた場合は1,500円)
再診料 1,000円 (当日施術をされた場合は600円)

他の疾患がある場合、診察料には健康保険が利く場合があります。

フラクセル 写真

フラクセル

光のシャワーで皮膚に無数のマイクロスポットを開けて新しい肌に入れ替えてしまいます。ニキビあとの凹凸やくすみを改善しますが、毛穴引き締め、シワ・たるみ改善、肌の若返りなどの効果もあります。1回の照射で効果の出るように施術しますので、照射後、痂皮ができて皮膚がザラザラしたり、赤みや痒みなど炎症の可能性もありますが、2~3ケ月かけて皮膚が良くなっていきます。施術中は痛みがあるので、麻酔ジェルを塗布してから行います。施術後の炎症後色素沈着を防ぐため、直射の紫外線を浴びないように注意が必要です。他の機器では代用できない優れたマシーンですので是非一度お試しいただきたいと思います。

フラクセルについて詳しく知る

  • 症例写真12

    BEFORE

    施術前

    AFTER

    施術後

  • 症例写真13

    BEFORE

    施術前

    AFTER

    1回目施術 1ケ月後

フラクセル 施術費用

フラクセル エクセレントコース 50,000円
麻酔ジェル塗布 2,500円
初診料 3,000円 (当日施術をされた場合は1,500円)
再診料 1,000円 (当日施術をされた場合は600円)

他の疾患がある場合、診察料には健康保険が利く場合があります。

トレチノイン・ハイドロキノン

トレチノインは処方薬タイプのビタミンAで、上皮組織(皮膚と粘膜)を正常化する効果があります。トレチノインには皮脂分泌の正常化、表皮や真皮を健康にする作用に加え、ターンオーバーを促進するため、トレチノインを使いながらハイドロキノンを併用すると、ニキビ後の炎症後色素沈着も改善することができます。

トレチノイン・ハイドロキノンについて詳しく知る

トレチノイン・ハイドロキノン 費用

トレチノイン(処方薬) 0.05% 3,000円
トレチノイン(処方薬) 0.1% 4,000円
トレチノイン(処方薬) 0.2% 5,000円
トレチノイン(処方薬) 0.4% 7,000円
ハイドロキノン(化粧品) 10g 3,500円
初診料 3,000円 (当日施術をされた場合は1,500円)
再診料 1,000円 (当日施術をされた場合は600円)

他の疾患がある場合、診察料には健康保険が利く場合があります。

健康保険での処方薬

外用剤(クリンダマイシンゲル等) 院外処方による
内服薬(抗生剤等) 院外処方による
初診料 850円(3割負担)
再診料 370円(3割負担)

ニキビの原因

ニキビは皮脂分泌が多くなって角栓が詰まるのがニキビの主な原因です。皮脂分泌が多くなる原因には下記のようなものがあります。

  • 産毛が濃い
    毛が太いと皮脂腺も大きくなります。
  • テストステロン(男性ホルモン)
    女性も副腎や卵巣からテストステロンを分泌しています。男性ホルモンは皮脂分泌を活発にします。
  • プロゲステロン(女性ホルモン)
    卵巣から分泌され、排卵日以降に分泌量が多くなるプロゲステロンは分子構造が男性ホルモンに似ているため、皮脂分泌を多くします。生理前のニキビはプロゲステロンが影響しています。
  • 思春期
    思春期には性ホルモンの分泌が活発になり、皮脂の分泌が多くなります。
  • 脂質、糖質の多い食事
    消化され余った糖質は肝臓で脂質に変換され体内に貯蔵されます。
  • ストレスや睡眠時間の乱れ
    脳の視床下部は自律神経とホルモン分泌の調節を司る最高中枢ですが、ストレスで自律神経が乱れるとホルモン分泌(性ホルモン等)にまで影響します。
  • ステロイド薬の使用
    ステロイドの分子構造も男性ホルモンに似ているため、皮脂分泌を多くします。

この他、間違ったスキンケアや洗髪で、皮脂を洗い切れていなかったり擦り過ぎたりすると、刺激を受けた部分が炎症を起こし、ニキビが難治化することがあります。

初診・ご予約について

初診・診察につきましては下記の予約システム、または電話にて予約してください。