Doctor医師紹介

医師紹介

院長 津嘉山 朝彦

私は元々外科専門医で、開業する前は命に係わる大きな手術を執刀したり、皮膚科のない病院の外来では多くの皮膚疾患も診てきました。皮膚科・形成外科には人目につきやすく治りにくい疾患が数多くありますが、開業後、当院でひどいニキビやアトピー性皮膚炎・ウィルス性イボで来院された患者様が治療の結果すっかり良くなられた時の笑顔は、勤務医時代、大病を克服されて笑顔で退院していかれた患者様の笑顔と全く同じです。そんな笑顔を見た時には、医療を行う側として大きな喜びを感じます。「速やかに治す」という視点で、日々、治療に当たっています。

略歴

昭和53年 神戸大学医学部卒業 第1外科入局
神戸大学付属病院、兵庫県立西脇病院、公立日高病院、神戸海岸病院などを経て、平成14年4月 神戸山手クリニック開業

所属学会・資格

  • 日本外科学会 専門医
  • 日本形成外科学会 正会員
  • 日本美容皮膚科学会 正会員
  • 日本マイクロサージャリー学会 正会員

院長コラムをみる

吉永 彬子

手術や処置が好きで形成外科医になりました。
今まで1000床以上の大きな病院で形成外科医として勤務してきましたが、大病院に搬送される重症患者さんからは学ばせていただく事ばかりでした。大きな病院は医師の数も多く、上司の先生や同僚の先生にも恵まれ、出産・子育てをしながらも臨床研究や学会発表をさせていただき、医師としての経験を積むことができました。
神戸山手クリニックでもこの経験を活かして、丁寧に明るい診療を心掛けて参ります。

重症にきびの患者さんを診察させていただく時は、「絶対綺麗な肌に治してあげたい」と毎回奮起しています。なのでマイクロ排膿は時間を忘れて没頭しています。
眼瞼下垂の手術も、患者さんの目元が10年、15年前に戻られ、視界不良や頭痛、肩凝りなどの症状が改善し、喜んでいただいている姿を拝見する時に医師としてのやりがいを感じます。
レーザー治療も、自分がレーザーを受けて肌が綺麗になるととても嬉しいので、より効果的に照射できるよう患者さんやそれぞれの方の部位によって設定を変えて、看護師さんに任せるのではなく私自身が照射しています。

大学時代は水泳部でした。大学生から始めた水泳に青春を注ぎ、東日本医科学生総合体育大会で決勝に進めた事がとても良い思い出です。現在は育児に奮闘しながら楽しく診療させていただいています。

患者さんが悩まれている症状を改善できるよう精一杯診療して参りますので、ちょっとした事でもお気軽にご相談ください。

略歴

  • 平成21年 札幌医科大学卒業
  • 平成21年 倉敷中央病院
  • 平成23年 京都大学形成外科入局
  • 平成30年 神戸山手クリニック

所属学会・資格

  • 日本形成外科学会 専門医
  • 日本熱傷学会 正会員
  • 日本頭蓋顎顔面外科学会 正会員

美肌コラムをみる