美容皮膚科

しわ・たるみ

たるみ

しわ・たるみ

たるみとは皮膚、皮下結合組織、筋組織が加齢や光老化により変性し、さらに重力も関与してできる皮膚のふくらみと言ってよいと思われます。

美容皮膚科的には皮膚のほとんどを占めていて、皮膚にボリュームと弾力をあたえている真皮の関与が重要です。加齢や紫外線の影響により真皮を構成するコラーゲンやエラスチンなどの蛋白が変性し、またヒルロン酸などの基質がすくなくなって皮膚のボリュームが減少し弾力が低下してたるみやしわ、また毛穴のひらきなどをおこします。

最近はフラクセル、ポラリスやフォトRFなどのマシーンを使って真皮の繊維芽細胞を刺激してコラーゲン・エラスチンやヒアルロン酸などの基質を増やしてたるみを改善し毛穴をひきしめることができるようになりました。

しわ

顔のしわは表情筋の動きにより一時的にできたしわが繰り返しつくられ、加齢、紫外線や乾燥などの要因も関与して恒常的に皮膚にみられるようになったものです。

目もとなどにできる小じわの場合は表皮の関与が大きく表皮は萎縮し、直下にエラスチンの肥厚がみられこれが小じわをつくっているとおもわれます。角層までの表層ピーリング、保湿、レチノール、ヒアルロン酸やボトックスなどにより改善されますがポラリスやフォトRFなども効果的です。

額や口元などにできる大じわは真皮結合組織の関与が大きく、コラーゲンやエラスチンが変性して皮膚の柔軟性が低下、またヒアルロン酸などの基質が減少し、さらに表情筋の動きがおおきく関与して大じわができると考えられます。 ヒアルロン酸やボトックスなどが有効ですがポラリスやフォトRFを併用するとさらに効果的です。

ポラリスによるしわ・たるみ治療

ポラリスは照射直後から熱作用による引き締め効果が実感できますが、一年ほど後にいっそう毛穴が小さくなり顔がひきしまっている事もよくあります。ヒアルロン酸注入、糸を使ったリフティングやフェイスリフトなどと併用するとより効果的です。(ポラリス 参照) 

神戸山手クリニックのしわ・たるみ治療

目じり、眉間・おでこのしわにはよくBotoxを使用します。下まぶたや口もとのマリオネットラインなどのしわにはヒアルロン酸注入とポラリス照射を併用して自然なしあがりと効果が長期間持続するよう心がけています。

目の下や頬のたるみにはレスチレンAppleを使用しますが、この方法はとても優れていてダウンタイムなしにお若いころのお顔に戻ることができます。ぜひ一度お試しいただきたい治療です。(まぶた・頬のたるみ参照)

レスチレンApple

レスチレンAppleは粒子の大きさが通常のヒアルロン酸の10倍以上あり顔の輪郭修正につかいます。まぶた・頬のタルミにはとくに効果的で高い満足度がえられますので手術をお考えの方にも是非いちどお試しいただきたいと思います。 

レスチレンApple

最新の毛穴引きしめマシーン、フラクセルⅡ

肌を入れ替えて肌質を改善し毛穴を引きしめる最強のマシーンが登場しました。毛穴を引き締めるだけでなくしわ・たるみにも効果が期待できます。(フラクセル参照) フラクセルは光のシャワーで皮膚に多数のマイクロスポットをあけてその後の創傷治癒のメカニズムによって皮膚を新しく入れ替えていきます。表皮を新しくするだけでなく表皮と真皮を入れかえることも可能で、これによって毛穴を引きしめ、さらにしわ・たるみやにきび跡の凸凹を改善していきます。 

フラクセルⅡ