皮膚科

湿疹

湿疹

湿疹とは紅斑から始まる丘疹、膿胞、か皮(かさぶた)、落屑などからなる多様な皮膚症状のことをさし皮膚炎とほぼ同じ意味で使われています。時間の経過につれて皮膚症状は変化し、慢性化すると皮膚の肥厚、乾燥、や色素沈着などを伴うため美容的にも好ましくなく、また、真菌感染などと紛らわしい場合もあるため早めに皮膚科を受診することをお勧めします。
皮膚のリハビリテーションもご参照ください

美容皮膚科に関係のある湿疹性疾患をいくつか紹介します。

1.アレルギー性接触性皮膚炎

装飾金属や化粧品、毛染料、洗剤などの日用品や植物等にふれていちど感作されたあとに、再びその物質に触れたときに湿疹反応をおこす皮膚炎です。化粧品などの場合は遅延型反応のため、気づかれずに慢性化しニキビと勘違いされたり色素沈着をおこすことがあります。

2.刺激性接触性皮膚炎

繊維、ほこりや石鹸、化粧品などの化学物質が直接皮膚を刺激して皮膚バリア障害をおこして炎症反応を誘発したものです。主婦湿疹が代表的なものですが酸などの強い刺激が加わるとただれや潰瘍をおこすこともあります。

3.アトピー性皮膚炎

繊維、ほこりや石鹸、化粧品などの化学物質が直接皮膚を刺激して皮膚バリア障害をおこして炎症反応を誘発したものです。主婦湿疹が代表的なものですが酸などの強い刺激が加わるとただれや潰瘍をおこすこともあります。

4.光アレルギー性皮膚炎

光の関与する皮膚炎の中で光照射により感さ物質が化学変化をおこし てハプテン類似物質となりアレルギー反応をおこすものです。原因物質の塗布された露光部位に限局して皮疹がみられます。