美容皮膚科

しみ・そばかす ~最良マシーンとスキンケアでアンチエイジング~

しみ・そばかす

顔の色素沈着のことを一般的にシミと呼んでいます。シミには加齢や紫外線によるもの、ホルモンが関与するもの、炎症によるものなどがありそれぞれ治療法が異なっています。当院ではシミを原因別および、組織学的に診断し、それぞれに応じた治療法を選択していきます。

ところで、皮膚老化にしめる加齢による衰えは2割にすぎず、残りの8割は紫外線などによる光老化が原因とされています。しみもこの光老化の一病変とみることができ、光老化を予防・治療する視点からもしみ治療を行なっています。(スキンケアⅡをご参照ください。)

最近の美容皮膚科は大変すすんできました。従来のスキンケアでは得られないような健康でとても質の高いお肌にしあげていきます。

肝斑 しみ シミ 炎症性しみ 組織図

1.老人性色素斑

老人性色素斑

20代以降の顔面、手背等の露出部にみられる茶色の境界明瞭な類円型のしみのことです。加齢とともに濃くなりますが、表面が隆起してくると脂漏性角化症とか老人性疣贅と呼ばれます。いずれもQスイッチルビ-レ-ザ-、フォトRF等で治療し、良い結果が得られます。

2.雀卵斑(そばかす)

いわゆるソバカスのことで、顔面や手背等にできる多発性の小斑点状のしみです。紫外線により夏に濃くなり、冬に淡くなります。Qスイッチルビ-レ-ザ-やフォトRFでキレイになります。

3.肝斑

肝斑

顔面にできる左右対称性の褐色の色素斑で地図状に広範囲にひろがるものもあり、紫外線により濃くなります。 女性ホルモンによるメラノサイトの活性化が原因といわれ、妊娠、経口避妊薬で出現することもあり閉経後は自然消退が期待できます。 肝斑はレーザー照射でこくなるため、トレチノイン・ハイドロキノン、ビタミンCイオン導入、トランサミン内服などで治療しています。

4.化粧品皮膚炎

化粧品などの慢性使用により、中年女性の顔面に好発するしみのことを言います。肝班と違いしみは眼瞼縁まで色素沈着が達します。治療は、まずパッチテストを行い原因物質を特定しそれを除去する必要があります。ビタミンCイオン導入、ビタミンAクリーム、トレチノイン・ハイドロキノン軟膏を使用し、ステロイド外用剤が必要なこともありますが、軽快するのに長年月を要します。

5.脂老性角化症

脂老性角化症

老人性疣贅ともいわれ加齢とともに高率に見られる褐色調の良性上皮性腫瘍です。レーザー治療やトレチノイン・ハイドロキノン軟膏できれいに取れます。


しみには下記のような治療法があります。

フォトRF

フォトRFはフォトフェイシャルのバージョンアップ機器ですが、しみ・くすみ・赤ら顔・肌のタルミ・毛穴の開きを改善し、また脱毛をおこなうとても人気のある美肌治療機器です。とくに新しく発表されたSRAヘッドはしみ・くすみに切れ味が良くとても優れています。ドクターコースのみになりますが従来のSRヘッドと同じコストでお受けになれますので一度お試しいただきたいと思います。(詳しくはフォトRFのページへどうぞ)

ハイドロキノン・トレチノイン

しみなどの色素沈着に対し、ビタミンA誘導体であるトレチノインを皮膚に塗りターンオーバーを著しく早めた状態にしておいて、その上に美白軟膏であるハイドロキノンを塗布ししみをとっていく方法です。この方法はとてもすぐれていて、レーザー治療が使えない炎症性色素沈着や肝班に対しても効果が見られます。当院では0.05%・0.1%・0.2%・0.3%・0.4・%・のトレチノインゲルを用意しており、5%ハイドロキノンを使用しています。

ケミカルピーリング

天然にあるフルーツ酸を皮膚に塗り、ゆで卵の薄皮を剥がすように皮膚表面の老化角質をピーリングし、皮膚の新陳代謝とターンオーバーを促進し、お肌を若返らせていきます。しみ、くすみ、にきび、小じわなどの修復に優れた効果があります。 当院ではグリコール酸や乳酸を使用し、2~3段階に分けて行ないますので、安全に確実にピーリングしていきます。1週間に1回のペースで6回行いますが、終了時には皮膚は全く新しい皮膚細胞に置き換わり、透明度の高いみずみずしい肌が甦ります。(詳しくはケミカルピーリングへどうぞ) 

イオン導入

イオン導入器を使って微弱な電流を流し、ビタミンCやビタミンA、プラセンタを瞬時に皮膚の深部まで浸透させる方法です。もともと天然のビタミンCは水に溶けやすく不安定でイオンを帯びていませんが、それをリン酸化することにより、マイナスイオンを帯びた安定したビタミンC誘導体を作り出すことができるようになりました。ビタミンCの強い美白作用、抗酸化作用と、プラセンタの美肌作用により、しみ、くすみ、ニキビやしわを改善し、ハリのあるお肌になります 

レーザー治療

肌にやさしいQスイッチ・ルビーレーザーを使用していますが1億分の1秒ほどの瞬間の照射ですから皮膚へのダメージが少なく仕上がりがとてもきれいです。  (詳しくはQスイッチ・ルビーレーザーのページへどうぞ) 

レーザー治療

フォトRF照射後の経過

シミがフォトRFに反応すると薄いコゲ(か皮)をつくり、それが次第に浮き上がってきて一週間ほどでポロポロと剥がれ落ちていき、白い透明度のたかい肌になります。そのほかにも毛穴がしまって肌に張りがでたり、むだ毛を脱毛したり、化粧のリがよくなったりと総合的な美肌機器としてとても優れています。当院で一番人気のある治療法です。

最新の肌質改善マシーン、フラクセルⅡ

肌を入れ替えて肌質を改善し、若返りをはかる最強のマシーンが登場しました。(フラクセル参照) フラクセルは光のシャワーで皮膚に多数のマイクロスポットをあけてその後の創傷治癒のメカニズムによって皮膚を入れ替えていきます。入れ替わった肌はしみ、くすみ、いろむらが改善された新しい肌質をつくります。1回の照射で全体の10%から20%程を入れ替えますので軽いダウンタイムで済み、通常数回の照射で終了します。 他の機器では得られない高い効果がありますので是非お試しいただきたいと思います。

■ご費用

初診料
自費
健康保険(3割負担)
 
3,000円
840円
再診料
自費
健康保険(3割負担)
 
1,000円
370円
Qスイッチルビーレーザー 
10mm×10mm未満
10,000円
フォトRF(SRヘッド)
1回(初回ローズビタミン導入付)
3回コース(ローズビタミン導入付)
7回目以降
フォトRF(SRAヘッド)
 
30,000円
90,000円
25,000円
35,0000円
ケミカルピーリング 6,000円
トレチノイン
0.05%
0.1%
0.2%
0.4%
0.6%
 
3,000円
4,000円
5,000円
7,000円
9,000円
ハイドロキノン 10g 3,500円
脂漏性角化症(多発性)
片頬 or 額
 
50,000円
脂漏性角化症(多発性)
 
30,000円
麻酔ジェル 2,500円