美容皮膚科

化粧品皮膚炎

敏感肌

化粧品の塗布部に一致しておこる化粧品が原因でおこる湿疹や色素沈着などのことです。近年、化粧品の安全性は高くなり、それによる皮膚障害も減ってきましたが、依然として外来ではよくみかけられます。

化粧品の直接刺激によるもの、アレルギー反応によるもの、化粧品単独ではおこらなくても光にあたることでおこる光アレルギーによるものなどがあります。アレルギーによるものは遅延型アレルギーのため永年気づかれずに放置され色素沈着をおこすことがあります。

なかなか治らない湿疹やニキビと思っているものの中にこれによるものがあるので注意が必要です。

一般的な化粧品皮膚炎への対応

化粧品皮膚炎が疑われた場合、一般的には、まずパッチテストがおこなわれそれで陽性反応が出た場合には、さらに化粧品にに含まれる成分にアレルギーがあるかどうか精査を進めることになります。ただ実際には、化粧品に含まれる成分には数十種類あるものもあり、特定するのにかなりの精度と労力、さらには日数もかかるので日常診療ではなかなか困難ではないかと考えています。(2001年4月から化粧品に含まれるアレルギー反応をおこす可能性のある成分をすべて表示することが法律で義務化されました)
化粧品皮膚炎の診断がついたら、まず原因の化粧品を中止して、ステロイド軟膏や保湿剤を塗布し抗アレルギー剤や抗ヒスタミン剤が処方されることが多いと思います。これで治ることが多いと思いますが、化粧品中止後のスキンケアのまずさ等もあり(実際にはどのようにケアしていいのかわからない方がほとんどです)、治らずに慢性化して困っておられる方があるのも事実です。

神戸山手クリニックの化粧品皮膚炎への対応

サル

当院では顔に限局している肌荒れにはまず、化粧品皮膚炎を疑って対応しております。化粧品皮膚炎の診断がつけば、今お使いの化粧品を中止していただき、そして、軽度の方には上記の治療を行います。

慢性化している方や重症の方には、単に塗るだけや服用するだけではなく皮膚バリアを構成するセラミド入り温泉水をたっぷりと肌に与え、必要に応じて皮膚科軟膏も使用してしっとり肌トリートメントを行っていきます。 トリートメントのおわった肌はしっとりと癒された肌に落ち着きますので、きっとご納得していただけると思います。
トリートメントは全てご自身の肌に合った成分を使用しておこないますし、その後のスキンケアもトリートメントで使用した製品を使っていきますので安心です。

ほんとうに困っておられる方には是非一度お試しいただきたいと思います。

  • 1

    初診時画像、この後皮膚のリハビリ1回施術

  •  

  • 1

    1週間後、2回目皮膚のリハビリ直前画像

  • 2

    1週間後、2回目皮膚のリハビリ直後画像

  • 1

    4週間後、5回目皮膚のリハビリ直前画像

  • 1

    4週間後、5回目皮膚のリハビリ直後画像

■ご費用

自由診療
初診料
再診料
しっとり肌コース
 
3,150円
1,050円
8,400円
健康保険
初診料(3割負担)
再診料(3割負担)
 
810円
360円

(税別)