美容皮膚科

毛穴の開き

毛穴の開き

真皮は表皮の約10倍の厚みがあり皮膚にボリュームを与えますが、その殆どはコラーゲン(膠原繊維)とエラスチンという蛋白質でできています。コラーゲンは皮膚の張力に関与し、またエラスチンは伸縮性を有し皮膚の弾力に関係しています。それらの周囲は水との親和性の強いヒアルロン酸やプロテオグリカンなどの基質に満たされています。
紫外線Aを浴びたり加齢が進むと真皮のコラーゲンやエラスチンが変性をおこしヒアルロン酸やプロテオグリカンなどの基質も少なくなり真皮のボリューウム が減少して 、毛穴が開きしわやたるみをつくります。

毛穴の開き

加齢によるコラーゲンやエラスチンの変性をおこしていない若い方でも、毛穴の開いている方がみられますが、その場合は皮脂腺の分泌が活発でまた顔の産毛が比較的太い方に多くみられます。

当院ではは真皮の繊維芽細胞を刺激してコラーゲンやエラスチンを増やしたり、また脱毛をおこない皮脂腺の分泌を抑えて毛穴引き締めが期待できるRFエネルギーを搭載したフォトRFやポラリスなどの美容機器をご用意しています・。

ポラリス・フォトRFによる毛穴引き締め

ポラリスとフォトRFを1クール照射後に、ロボスキンアナライザーというコンピューター肌診断器で測ると、照射前に比べて2~3割毛穴が減っていることがよくみられます。フォトRFは頬の脱毛と毛穴引き締めに優れ、ポラリスは鼻の毛穴も引き締めることができます。(ポラリス 参照) 

最新の毛穴引きしめマシーン、フラクセルⅡ

肌を入れ替えて肌質を改善し毛穴を引きしめる最強のマシーンが登場しました。(フラクセル参照) フラクセルは光のシャワーで皮膚表面に多数のミクロ単位の穴をあけてその後の創傷治癒のメカニズムによって皮膚を新しく入れ替えていきます。表皮を新しくするだけでなく表皮と真皮を入れかえることも可能で、これによって毛穴を引きしめていきます。 

フラクセルⅡ
痛みがあり照射後は痂疲ができます。