形成外科

ほくろ ~二つのレーザーでホクロ処置~

色素細胞母斑のことでほとんどは良性ですが、まれに悪性のことがあり悪性の場合には手術による摘出が必要です。

神戸山手クリニックのレーザーによるほくろ治療

ほくろは隆起部分と色素部分に2つのレーザーを使い分けて治療しています。この方法は優れていて傷あとを目立たせることなく仕上げることができます。処置した翌日からテープなしで洗顔することもできます。
綺麗に仕上げるには少しコツが必要です。

いぼ ~再発の少ないイボ治療を目指して~

イボにはウィルスが原因でおこるものがあり、これは再発したり多発するとやっかいです。

神戸山手クリニックのいぼ治療

ウィルスが原因で顔や手足にできるいぼは再発させないように心がけて治療しています。液体窒素で治療することが多いようですが再発し多発することがあるため当院ではレーザー、高周波メスを使用しています。広範囲のものや関節部位は切除後に植皮をおこなうことがあります。

顔面にできたウィルス性のイボは広がりやすく、美容上も困るため処置後に、ウィルスの熱に弱い性質を利用した治療をお勧めしています。

外来診療だけのため抗がん剤注入後の治療や糖尿病の方の植皮術はお断りしています。
ウィルス性いぼは完全切除したつもりでも再発することがあります。再発した場合は病変が小さいうちに早めに処置を受けると負担が軽くてすみます。
レーザーや高周波メスを使用するのはウィルスが熱に弱いこと処置中に健常組織と除去される組織の境界が確認しやすいこと処置後の痛みが軽いことなどからです。


  • 1

    液体窒素処置40回後

  • 1

    レーザー処置後5ケ月

患者様の声 M様

私はウィルス性イボの治療でお世話になっています。イボに悩まされて何年も経っています。イボの治療を始めたのは約3年前でした。まだ子供も小さく、自宅から通える範囲で病院を探すしかなかったので、当時は津嘉山先生と出会うことはできませんでした。ただただ、液体窒素で焼き、削り、焼き、削り。週1回痛いだけ。周囲には、「こんなに治らないなんて病院が合わないとしか思えない。」と言われ、結局4件受診しました。
でも、どこも同じ治療で、とにかく痛いだけ。治るどころか、初めは足の裏だけだったイボが右手に左手に、どんどん増えていきました。私は母なので、夫や子供に移ったらどうしよう・・・という不安もありました。手足のみならず、顔にも液体窒素することになったらどうしようとか。イボのことを考えると不安いっぱいで、未来が見えないと考えるほど悩んでいました。

そうこうしているうちに、家族等の協力もあり、もう少し範囲を広げて病院を探そうと、夫が神戸山手クリニックを見つけてくれました。ホームページを見ると、今までの病院とは全く違うし、直接話を聞いてみると、先生もスタッフの皆さんもすっごく親しみやすく、先生を信じてみようと思えました。先生と話をして、単純計算でも液体窒素を150回もしていたと気付き、ビックリでした。

痛いだけで増えていく治療を3年もしていたのに、神戸山手クリニックで治療を始めたら、5ヶ月で約10個あったイボがラスト2個になりました。しかも、1個2個と取っていくうちに5個は自然に消えていきました。本当にもう今まであれは何だったの?!って感じです。あの激痛は無いし時間もかなりの節約です。未来が見えてゴール間近です。イボから解放されていく手を見ても嘘みたいです。かなり嬉しすぎます。あれだけしぶとかったイボを、「取っちゃえば良いんだよ。」と言ってどんどん取ってくださる先生に感謝の気持ちでいっぱいです。

ウィルス性イボに悩んでいる方は是非、神戸山手クリニックに行ってみたら良いと思います。私は本当に行って良かったです。場所も三宮という楽しい場所でいろんな意味でリフレッシュできる時間です。

あと残り少ない通院になりそうですが、今後ともよろしくお願いします。

I様の場合

  • 左足親指外側の多発性イボの原発巣

  • 外来オペ後2ケ月3Wの画像、移植皮膚は生着し歩行可能でウィルスの再発はない

  • 同一患者さんの原発病変の対側にある二次病変

  • ここは何も処置をせずに病変が消失、このように原発巣を処置すると二次、三次病変が自然消失することがあります

K様にお手紙をいただきました

この度はお世話になりましてありがとうございました。 おかげさまで治療も終わりが見えてきたようです。 断続的に近隣の皮膚科へ通院してきましたが25年もたつとイボが大きくなってきていましたし、子供の手も離れて何か別のアプローチはないものかと調べてみて先生のクリニックに出会いました。 他所でしていなくても有効ならやりましょうというお考えの先生とのご縁に感謝です。 それから、スタッフのみなさまにも優しくしていただきました。 ありがとうございました。 どうぞ、お元気でますます、ご活躍なさいますように。

その節はありがとうございました。裸足が気にならなくなったのでヨガを始めたんですよ。ますますご活躍なさいますように。(2016、元旦)

  • 25年間複数の医療機関で液体窒素100回以上受けるも悪化し来院

  • 外来オペ後2ケ月3Wの画像、移植皮膚の変色はあるも皮弁は生着し通常に歩行可能

    B様の場合

  • 2年間2ケ所のクリニックで液体窒素50回以上受けるも悪化

  • 爪をカットするとウィルスは爪の中まで深く侵入していた


  • 当院での外来手術後

K様の場合

  • 6年間二つの医療機関で液体窒素10数回受けるも悪化

  • 外来オペ後4ケ月3Wの画像、原発巣は切除皮膚移植し隣接病変は切除した


いぼ治療の合併症

ウィルス性イボに対していろいろな治療が行われていますが、近くのクリニックで液体窒素処置を受けるも再発するため総合病院でトリクロロ酢酸治療を受けたら足底が化膿して疼痛のために歩行困難になって来院された方です。

  • 左足底のイボは化膿している

  • 左足は発赤腫脹リンパ管炎は左下腿に及ぶ

  • 治療後の画像です

粉瘤 ~最小のキズで再発のない手術~

粉瘤(アテローマ)は顔や背中に好発する表皮由来のよく見られる皮膚良性腫瘍です。袋状の嚢腫で中に臭いのある内容物を含んでいて化膿すると大きく腫れあがりますので感染前の処置をお勧めしています。いわゆるオデキの中には化膿した粉瘤が多数含まれている様に思われます。

神戸山手クリニックのおもしろい粉瘤治療

一般的には切除されますがキズ跡が目立ったり再発することがありますので、当院では工夫をして2~3ミリのキズから袋ごとキレイに取り出しキズ跡の目立たない再発のない治療を行っています。袋を一部でも残すと再発することになります。

  • 1.5cm程の右頬の粉瘤

  • 術後7日抜糸直後


  • 1cm若の摘出標本

この治療法は既に他院で行われている様です。当院では最小のキズから再発のない治療を心がけています。



1. 尋常性疣贅

ヒト乳頭腫ウイルス感染が原因でできるいぼですが、手足に好発し、魚の目と間違えられることがあります。多発した場合は難治性で、切除術や植皮術が必要な場合があります。

2. 扁平疣贅

ヒト乳頭腫ウイルス感染が原因でできるいぼですが、若い女性の顔面や手背に好発する難治性のいぼです。

6. アクロコルドン

皮膚の老化現象によって起こるとされる2~3㎜の柔らかい有茎性の小イボです。中年以上の女性の頚部、胸部などに多発します。

■ご費用

隆起のないほくろは原則として自由診療での治療となります。

自由診療(二つのレーザー使用)
初診料 
3,000円
再診料 1,000円
ほくろ
4mm未満
4mm~8mm未満
8mm~
2回目~ (大きさに関係なく)
 
10,000円
20,000円
30,000円
6,000円
イボ
多発性 片手 or 片足etc
植皮を要するもの
1ケ
 
50,000円
180,000円
10,000円
脂漏性角化症(多発性)
片頬 or 額etc
50,000円
アクロコルドン(多発性)
頚 or 胸etc
50,000円
健康保険
(一つのレーザーか切除)
隆起性のほくろや単発性のイボ
 
 
約6,000円~9,000円程度

(税別)