院長紹介

開院8周年のごあいさつ

院長紹介 プロフィール

おかげさまで、神戸山手クリニックはこの4月10日で満8年を迎えました。無事にここまで来れましたのも皆様からの温かいご支援の賜物であり、職員一同深く感謝いたしております。

あっという間の8年間でしたが、この間に美容医療界は質的に変化し大きく発展したように思います。すなわち、従来の美容外科中心の治療から新しい美容皮膚科的治療(肌のアンチエイジング)が登場して、広く社会に普及するようになったのです。 

例えば、しみ・くすみに対するフォトフェイシャルなどのIPL機器、しわ・たるみに対するポラリスなどの高周波機器、そして、最近では肌質を改善するフラクショナル・レーザーが登場して、ヒアルロン酸やボトックスなどとの併用によりお手入れ感覚で綺麗な肌を手にすることが出来るようになりました。さらにスキンケアの進歩により皮膚バリアを構築して皮膚を健康にし、また光老化を予防・治療することができるようになりました。
この新しい美容皮膚科的治療は安全で効果の高い優れたものであり、今後もますます愛好者が増えていくものと考えています。 神戸山手クリニックもフラクセルⅡ、Qスィッチ・ルビーレーザー、フォトRFやポラリスなどのアンチエイジングマシーンと安全なダイエットレーザー、スマート・リポなどを導入して皆様のご要望にお答えしてまいりました。

ところで、これら最先端のマシーンを使った治療とは別に、当院では、他院にはない独自に開発した面白い治療法も提供していますので以下にいくつかご紹介します。

2つのスキンケア

2つのスキンケアであらゆる肌トラブルに対応し、また皮膚疾病を予防していきます。
スキンケアⅠは天然温泉源泉水と皮膚バリアの主要構成成分であるセラミドなどを使って、皮膚バリアを補強して健康な肌をつくるスキンケアです。しっとり肌コースいうメディカルエステも設けてありますが化粧品皮膚炎、アトピー性皮膚炎、敏感肌や原因のわからない肌荒れでお悩みの方にとても効果的です。全てご自身のお肌に合った成分のみでケアしていきますので安心してお受けいただけます。

スキンケアⅡは皮膚老化の8割をしめる光老化(紫外線やタバコなどによる皮膚の錆)をビタミンを含むスキンケア用品とトレチノイン、エステティック・トリートメントなどで予防・治療して、血色のよい張りのある若返った肌を作っていきます。その内容は従来の美肌目的のスキンケアとは全く違った細胞老化学に基づいたスキンケアであり、むしろ医療的でその効果も従来のスキンケアでは得られないとても質の高いものになると期待されます。 当院では、この 二つのスキンケアをつかって健康で若返った肌を作っていきますが自信を持って提供していますので是非お試しいただきたいと思います。

マイクロ排膿

開院当初から独自に工夫した方法でにきびを治療していますが、この方法はほぼ確実に赤にきびやコメドを取り出すことができるためにきびの根治療法とも言えるものです。これによる傷あとが残ることはなく、取り出されたにきびは2~3日後には治っています。
このマイクロ排膿とビタミンCイオン導入、ケミカルピーリング、トレチノイン軟膏やフォトRFなどを併用すると、どんなひどいにきびの方でも2~3ケ月後には綺麗になっています。何年もにきびで悩んでいる方、クリニックを何ケ所かえても治らない方、長期間抗生物質を服用している方、結婚式を控えてお悩みの方は是非ご相談下さい。

2つのレーザーを使ったほくろ取り

せっかくほくろを取ったのにケロイドをつくったり、とった部分がへこみをつくったり、また変色などして悩んでいる方は意外に多いものです。一度傷あとを残してしまうと、ほとんどの方は前のほくろのほうがまだよかったということになります。そこで当院ではこのような傷あとをのこさないように二つのレーザーを使ってほくろ取りをしています。これはほくろの隆起部分と埋没部分に別々のレーザーを照射していきますが綺麗にとるには少しコツが要ります。この方法はとても優れていてほとんど痕を残さず仕上げることが出来ます。

神戸山手クリニックは、皆様のご満足が得られますようこれからも安全で効果の高い治療法を提供していきますので今後ともご支援を賜りますようお願いいたします。また、併設のメディカルエステ・山手セラヴィもエンダモロジー、インディバ、コスメカニックやビタミントリートメントなどを用意して皆様のご来店をお待ちいたしております。

院長紹介

津嘉山朝彦(つかやまあさひこ)。S53年神戸大学医学部卒業、神戸大学第1外科入局。美容皮膚科学会、日本外科学会員。日本外科学会専門医。H14年神戸山手クリニック開設。